初乗りレポート

日産ノートは本当にダメだったか(後編)〜清水草一

2012年10月15日

一般道での乗り味は、ディーラーの試乗車よりぐっと良かった新型ノート。今度は高速道路を走ってみよう。
うーむ。高速巡航性能も合格じゃ。とにかくサスがしなやかで乗り心地がイイ。相変わらず胸のすくような加速はないけど、アクセルをぐっと踏み込んでスーパーチャージャーを効かせれば、過不足ない加速はしてくれる。全体としては悪くないぞ新型ノート!
ただ、ノートのエコスーパーチャージャーは、エコ走行時はクラッチ切って回らないようにしているんだよね。スーチャーを効かせればそれなりの加速をするけど、効かせるとスーチャーの特性で燃費がガックリ落ちるはず。そのあたりがどうなのか、プチ燃費テストを行いました。

●一般道走行(エコモード)……17.2km/リッター
●高速スーチャー効かせっぱなし巡航(ノーマルモード)……9.1km/リッター
●高速80キロ巡航(エコモード)……29km/リッター

高速を淡々と走る分には、アクアと同じくらいの燃費が出る。しかしスーチャー効かせっぱなしだと、10を切ってしまいました。やっぱり落差がデカい!
つまり新型ノートは、高速の合流など、ここぞという時だけスーチャーを効かせて、あとはノンビリ走るのが吉。さすれば期待通りの低燃費で、快適に走ってくれると思います。これ、全開頻度が高いヨーロッパじゃ通用しないエンジンだけど、日本には割と合ってるかも!

ちなみに、今回日産がターボでなはくスーチャーを選んだ最大の理由は「コスト」だそうです。ターボだと、よりデカい触媒が必要になるので。
エコスーパーチャージャーでこれくらいの燃費が出れば、たとえば直噴ターボにして車両価格が数万円上がるより、トータルでは安上がりという計算になる。一理ありますな。
ただし、低燃費と胸のすく加速の両方が欲しい方は、ちょっと値は張るけど、欧州製のダウンサイジングターボ車(VWポロとか)がオススメです。

(文&写真・清水草一)

●日産自動車
http://www.nissan.co.jp/
●清水草一.com
http://www.shimizusouichi.com/
●突撃! MJ戦略参謀本部
http://www.hobidas.com/blog/rosso/mjb/
新型日産ノートにいざ試乗じゃ!
▲新型日産ノートにいざ試乗じゃ!
高速スーチャー効かせっぱなし巡航では9.1km/リッター。
▲高速スーチャー効かせっぱなし巡航では9.1km/リッター。
高速80キロ巡航(エコモード)では29km/リッターを記録。
▲高速80キロ巡航(エコモード)では29km/リッターを記録。

     

    所さんの世田谷ベース商品好評発売中|ホビダス・マーケット

     

     

ホビダス・マーケットホビダス・マーケット新着

趣味ログ(ユーザブログ)趣味ログ(ユーザブログ)


ページTOPへ