趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

【清水草一、欲望の純結晶129】まさかのブルー・ファイアー

大乗フェラーリ教開祖を名乗るモータージャーナリスト清水草一センセイが、毎週月曜日に更新する連載「清水草一、欲望の純結晶」。第129回は「まさかのブルー・ファイアー」です!!

 あんまりうるさくなく、特に静かモードではノーマル並み、爆音モードで上品で甲高い控え目なサウンドが心地よく響くくらいのマフラーをキダスペシャルに開発してもらうことにした俺。
 開発途中で見せてもらったマフラーは、「うーむ、スバラシイ!」と唸るしかないものだった。
 なにがスバラシイって、最後に左右バンクからの排気が十字にクロスしているのがスバラシイ。人間交差点よろしく、左右バンクの排気が十字路で一瞬合流し、また別れて行く。一期一会だぜ! 岡田ピーによると、この交差によりシンフォニーが奏でられる予定だそうです。
 一方ノーマルマフラーはというと、フェラーリ458は左右バンク完全独立型だったのね。それぞれの排気は一度も交わることなく、左右に別れたままだ。中央の静かモード用の排気口も、左右からのパイプが半円形に合わさっていて、内部で分離されている。つまり音は4気筒+4気筒、ホンダS2000が2台! そうだったんですか!

 約1ヵ月後、ついに完成した458用キダスペシャルは、大乗フェラーリミーティングの場でお披露目された。
 広大な駐車場で岡田ピーが全開をくれると、そのサウンドは大空に吸い込まれてあまり響かず、観客の皆さんは「こんなもん?」という反応を示したが、私は大満足だった。
 これだよ俺が望んでいたのは! これこそまさにあんまりうるさくなく、特に静かモードではノーマル並み、爆音モードで上品で甲高い控え目なサウンドが心地いいじゃないか! アクセルオフでは「パパパパパン」というアフターファイアー音も響く。俺が望んでいた要素がほとんど揃ってるぜ!
 欲を言えばあと一声、頂点でのサウンドが甲高く澄んでいたら完璧だが、それでも99点は付けられる。
 俺は岡田ピーを見くびっていた。マフラー作り以外はいろいろとダメ人間な岡田ピーだが、喜多師匠の舎弟となって約10年、ここまで腕を上げていたとは。しかも、458のような各種センサー満載、改造決して許すまじな超ハイテクマシンのマフラーを、センサーのチェックをかいくぐって設計・製作するなんてスゴイ。
 なにせ超ローテク&勘だけが頼りのキダスペシャル。喜多師匠得意の「テキトーに作ったらいい音がした」の技は、見事に継承され発展していた!

 それにしてもこのアフターファイアー音。これはひょっとして火を噴いてないか?
 私はマフラー近くに小型カメラを設置して首都高山手トンネルに出撃し、フル加速を試みて帰還。パソコンで再生してみた。
「うおおおおおっ!」
 動画を見て引っ繰り返った。我がマフラーは、青い火をいっぱい噴きまくっていたのだ!
 かつてのF355キダスペシャルは、オレンジ色のニクい炎を噴きまくったが、458は青い焔。まさにガスコンロの焔である。焔の色は燃焼温度の差。青い方が高くてオレンジの方が低い。温度が高いってことは、ガソリン濃度が理論空燃比に近いということか? よくわからないがさすが458。ロケットみたいでちゅ。

(つづく/次回は2014年1月26日更新予定)

(文・清水草一)

●清水草一.com
http://www.shimizusouichi.com/
●清水草一.com|DVD通販サイト
http://www.mediapit.co.jp/shimizusouichi/
●突撃! MJ戦略参謀本部
http://www.hobidas.com/blog/rosso/mjb/

  • パイプの十字は人間交差点!

  • 青い焔はガスコンロみたい!

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
コラム 最新記事
フェラーリ 最新記事
清水草一 最新記事
輸入車 最新記事

検索