趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

【今井優杏の私的旅日記14】ヴィシーの思い出は余計に美しくて

自動車ジャーナリスト&モータースポーツMCの今井優杏が月3回ペースで連載する私的旅日記、「旅とクルマと男と女(仮題)」。その第14回は、フランス編最終回です!

2か月にわたって掲載してきた、フランス・ミシュランを巡るクルマ旅、いよいよ今回で大団円です。
この旅ではその特殊な旅程上(事実上フランス縦断ですよ)、取材旅としては異例の1週間という長いツアーになりました。そう、新車の試乗会なんかで海外に行くときは、大体現地ホテルには1泊~2泊程度の弾丸ツアーなんですよ。

でもね、ホント何度も言うけど長かったぶん得たモノは大きかった。その辺は当連載の過去記事に詳しいので遡っていただくとして(えへへ)、既出エピソード以外にも話題は盛りだくさん。かつてF1コンストラクターであったリジェ(Ligier)の本社工場にもひょんなご縁が生まれて飛び込みで(!)見学させていただいたり(現在は電気やディーゼルを動力源にするマイクロカーを製作していますよ)、超グルメなM田さんにド・ローカルなスーパーに連れてっていただいて食材買い込んだり、フランスの文化までもを教えていただけたのです。

フランスの6月はとかく天気が不安定で、ちょっと晴れてたと思ったらいきなり雨降って寒くなったりしちゃうもの。しかし、この旅をまるで祝福するかのように、最終日は全旅程中一番いい天気だったかも! ってくらいにスッキリと抜けるような青空に包まれました。
いやん、やっぱ私たちって最強かも、ツイてる~! なんて浮かれながら朝食会場に行ったら、我々をアテンドしてくれた日本ミシュランのHさんと元同社広報部部長M田さんがなにやらヒソヒソ話。え、なになにこの不穏なかんじ。

朝食開始と同時に発表されたその理由はコレでした。
「今日乗る予定だったクレルモン・フェラン~シャルルドゴール便の欠航が、昨夜決まりました、てへっ」
出た~、エアフランス! 日系航空会社のジョーシキからはとてもじゃないけど想像もできないくらいのレベルで色々と強引すぎる武勇伝を持つエアフランスですが、今回も「えっと、ちょっと搭乗人数が足りない気がするから、欠航しちゃうね! モンクがあったら明日の朝カウンターに来てね」なんつーメールが入ったそうな。

しかしフランス在住歴の長かったM田さんはむしろニコニコ。「さすがエアフラだね~、面白いね~」なんて仰いながら「ということでクレルモン・フェランからパリまでドライブすることになっちゃったんだけど、どうせだから田舎のほうをぐるっとドライブ旅にしちゃう? それともまっすぐパリに向かって、ちょっとでもパリで遊びたい?」とすばやくふたつのプランを提案してくださいました。
わたしたちは迷わず「田舎サイドのドライブで!」と即答。だってパリはいつでも行けるけど、オーベルジュ地方から土地に詳しい人のガイド付きでフランスを旅できるなんて、またとない機会じゃないですか!

というわけで、途中にワインショップや素晴らしい景観などを挟みながら、ランチタイムに立ち寄ったのはM田さんがフランス勤務時代に住んでいらした小さな街、ヴィシー。
街には美しく整備された川が流れ、その河畔には川を眺めるようにテラスを構えたオープンエアスペースが素敵なレストランもあり、緑豊かな公園が横たわっていました。人生の一部でこんなところに住めたらステキすぎる~! と思うくらいにいっぺんでこの街を気に入った私たち。

街をそぞろ歩きながら、ヴィシーと言えば、の名所にも立ち寄りました。
その名物とは「温泉」。
豊富な水量で知られていて、街には温泉を使用した保養施設も多いのだとか。さしずめ箱根とか熱海とか、有馬とか、そんなイメージでしょうか。
というわけで街の中心部にあるのが温泉を飲める飲泉所。中には有料の蛇口と無料の蛇口があって、コインを入れれば飲ませてもらえます。
味は、あのミネラル分が多い水独特のウニョっとした感じ。でもなんか身体に良さそう感たっぷり! 身体によさそう、ということには貪欲なので、おもいっきりゴクゴクいってやりました。
歴史的に見れば第二次世界大戦中に独立政権を持ち、ドイツに協力していたという過去があるのですが、そんなことはこのキラキラした日差しのもとに蒸発してしまったかのように、のんびりした風情を漂わせていました。

それにしてもフランスの初夏は本当に感動的に美しかった。
ランチはこのあたりでももっとも歴史のあるゴルフ場のクラブハウスでいただいたのですが、その芝なんてもう、目に沁みるようでした。
そのヴィシーにあったM田さんの自宅マンションも今では手放されてしまったらしく、もうあのメンバーでヴィシーにいくことはないのかもしれないけど、だからこそ思い出は余計に美しく、貴重なものに思えます。
そしてエアフラが欠航したからこそ実現したこの寄り道旅。何事も受け入れ、ハッピーな気持ちでアクシデントをも歓迎することで、このように旅、ひいては人生をもっと豊かにしていくことが可能なんですよね。

(文&写真・今井優杏|次回は2015年2月5日更新予定)

●燃えるオンナ今井優杏のボンバーブログ
http://www.hobidas.com/blog/tipo/imai/

  • ヴィシーの運河から街を眺めて。

  • 公園沿いを散歩するのも気持ちいいのです

  • これがその、保養施設。プールのように浸かることもできるんですって! 長逗留するひともいるんだとか。日本の温泉場と同じですね。

  • 美しい植え込みの周りをのんびり散歩する地元のみなさま。

  • これが飲泉のできるドームです。

  • 豊富な湯量。じゃんんじゃん沸いてます。

  • 河口まなぶ先生と飲んでみました。ミネラル含有量が豊富なイメージ。健康になれたかも!(単純)

  • おまけ。文中に出てくるリジェは、今こんなマイクロカーを製作しています。乗用車のほかに郵便や新聞を配達する用のバンのようなものまで。需要は高く、納品に待ちが出るほど人気なのだとか。

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
アフターパーツ 最新記事
コラム 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
ミシュラン 最新記事
今井優杏 最新記事
旅行 最新記事

検索