趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

Z06初試乗で確信したC7コルベットのライバル超え!~山崎元裕

今度のZ06はスーパーチャージャー付き

第7世代コルベット(=C7)のハイパフォーマンス仕様となる「コルベットZ06」をネバダの地でドライブした。前作、すなわちC6世代のZ06は自然吸気エンジンを搭載していたが、この新作は動力性能と環境性能をより高水準で両立させるために、新たにスーパーチャージャー付きの6.2リッターV型8気筒OHVエンジンを採用している。

新型Z06のパフォーマンスは衝撃的だった。これが今のシボレー、いやアメリカが持つスーパースポーツを生み出す情熱であり、またテクニックだというのか。スタンダードモデルのスティングレイに試乗した時にはもしかしたらという印象を抱くにとどまったが、このZ06のステアリングを握って、それは確信へと変わった。コルベットは、ヨーロッパのスーパースポーツブランドさえをも超越したモデルへと、進化を遂げたのだと。

コンパクトな、しかしながら高回転型のスーパーチャージャーを組み合わせるV8エンジンは「LT4型」と呼ばれる。このLT4型エンジンが新型Z06でまず実現したものは、スティングレイに対してよりワイド&ローなディメンジョンを持つ、スタイリッシュでグラマラスなボディだ。コンパクトなOHVエンジンを搭載しなければ、この低くシャープなボンネットのラインを描くことは、デザイナーにはできなかっただろう。Z06に独自のディテール、例えば前後ともにワイド化されたフェンダーやフロントのバンパースポイラー、あるいはより大型化されたリヤスポイラーなどは、C7にさらに過激なアピアランスと優秀なエアロダイナミクスを生み出した。キャビンは基本的にはスティングレイのそれと共通のデザイン。機能性や操作性にも、もちろん問題はない。

新型Z06には、軽量なカーボン製の着脱式ルーフを備えるクーペと、フルオープン走行ができるコンバーチブルの両ボディが設定されるが、今回のテストドライブプログラムには前者のみが用意されていた。650psの最高出力と881Nmの最大トルクを発揮するLT4型エンジンに組み合わされるミッションは、7速MTのほかに新開発の8速ATを選択することが可能。さらにサーキットドライブへとフォーカスしたパッケージオプションの「Z07」をチョイスすると、ミシュラン製のタイヤは「パイロット・スーパースポーツ」から「カップ2」へと変更されるほか、カーボンセラミックブレーキ、大型の可変式リヤスポイラーなどが装備されることになる。

MTなのにステアリングにパドル

まずは最もスパルタンな仕様ともいえる、Z07装着モデルの7速MT仕様のステアリングを握る。MTでありながらステアリングにパドルが装備されているのは、これをレブマッチ機能のスイッチとして使用しているため。そのパドルを引いてメーターパネルのギヤ表示が白からオレンジ色へと変化したら、シフトダウン時には自動的にブリッピングの制御が入る。サーキット走行などでは、これでコーナーの進入時にはブレーキとステアリングの操作に意識を集中できるのが嬉しい。

LT4型エンジンのフィーリングで最も印象的だったのは、そのトルクの立ち上がりがスムーズなこと。スーパーチャージャーの独特なサウンドを聞かなければ、あるいは自然吸気エンジンと誤解してしまうほどにナチュラルかつ驚異的なパワーフィールを感じさせるエンジンだ。ただし7速MTは、横方向のゲートクリアランスがやや小さいためそのフィールに慣れるには若干の時間が必要だった。フルスロットルでの発進加速を試してみると、1速や2速ではもちろんのこと、3速でもラフなアクセル操作ではリヤタイヤは簡単にそのグリップを失ってしまう。Z07のカップ2タイヤでウエットというシチュエーションは、できれば経験したくない。

Z06にはドライブモードを「ウェザー」、「エコ」、「ツアー」、「スポーツ」、そして「トラック」へと変更することができる、ドライブモードセレクターが搭載されている。デフォルトはツアーだが、それでもZ06の走りは相当に過激だ。トラックからはさらにパフォーマンストラクションマネージメントがリンクする。「ウエット」、「ドライ」、「スポーツ1」、「スポーツ2」、そして「レース」の各モードで、スタビリティコントロールやトラクションコントロールの介入を制御するものだ。スポーツ2とレースではスタビリティコントロールはキャンセルされるが、トラクションコントロールはさらなる隠しコマンド的な操作を行なわないかぎり機能は続く。ドライバーにとってより大切なのは、横方向よりも縦方向のコントロールということなのか。シボレーの走りへの拘りというものを、ここに改めて見た思いだ。

新型Z06の走行テストは、ドイツのニュルブルクリンク・サーキットや、アウトバーンで積極的にそれが続けられたという。それを証明するかのように、新型Z06は圧倒的な加速性能とハンドリング、そして高速域においては素晴らしいエアロダイナミクスを感じさせる。そしてさらに驚かされるのは、その価格設定だ。クーペでは8万ドル以下からスタートし、例のZ07をチョイスしても10万ドル強という、感動的なコストパフォーマンスに対抗できるスーパースポーツは、ほかには存在しないだろう。

(文・山崎元裕)

●シボレー|日本
http://www.chevrolet.co.jp/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
カー・マガジン 最新記事
シボレー 最新記事
試乗記 最新記事
輸入車 最新記事

検索