趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

【JAIA15】プジョー308はオタクには物足りない!?~清水草一

 MJ参謀本部のJAIAレポート、ラストはMJ参謀長によるプジョー308試乗記である。マリオ二等兵は脱走したのでおらん! その割にJAIAの会場では姿を見たが、まあいい。武士の情けだ。

 ところでプジョー308。登場したのはずいぶん前だが、不肖参謀長は試乗会にまったく呼ばれず、乗るのはこれが初めてである。以前数誌でプジョーのETG5(セミAT)の悪口を書いたので敬遠されたのかもしれぬ。これまでプジョー3台、シトロエン2台を乗り継いだファンなのだが。まあ善い。こうしてJAIAでは乗れるのだから。そういう意味でも本当にJAIA大試乗会はありがたい。
 で308だが、皆様ご存知のようにエンジンは1.2リッター3気筒ターボ+アイシン製の6速トルコンAT。ETG5ではない。
 ちなみにETG5の方も、いつのまにか大変スムーズになっていて今回驚いたが、とにかくこの308はトルコンAT。しかもターボ。それだけでもうウルトラ鬼のようにスムーズかつトルクフルに走る。

 乗り心地はフランス車らしいフンワリ感もあり好印象であるが、しかし考えてみると現在はドイツ車も割とみんなこういう足回りになっている。インテリアの質感もかなり高いが、これまたドイツ車チック。つーかグローバルスタンダードであるな。
 楕円小径のステアリングと、スポーツボタンを押すと極端に元気になるセッティングだけは、個性的かつフランス車チックと言えなくもないが、とにかくあまりにもフツーに良くできている。こうしてすべてが満たされると、逆になにか物足りなくなるのが我々オタクというものだ。あまりにもフツーにスムーズに走り、特に文句をつけるところもないので、1.2リッターノンターボ+ETG5で微妙に頼りなく走るプジョー2008とかシトロエンC3が懐かしくなる。なんせここ日本では、フランス車を買うこと自体が変態的行為なのだから。
 いや、文句を付けるポイントがあった。価格だ。最安の308プレミアムで約285万円。一番高いシエロだと約346万円もするではないか。VWゴルフの259~280万円よりずっと高い! プジョーがゴルフより高くて勝負になるわけがなかろう! それはタイガー戦車対ルノー戦車のようなもの! これはもう完璧に3年後、5年後の中古車狙いだ。その時は確実にゴルフより安くなっているだろう。

(文・清水草一|写真・池之平昌信)

●清水草一.com
http://www.shimizusouichi.com/
●清水草一.com|DVD通販サイト
http://www.mediapit.co.jp/shimizusouichi/
●突撃! MJ戦略参謀本部
http://www.hobidas.com/blog/rosso/mjb/

  • プジョー308であります!

  • エンジンは1.2リッターターボであります!

  • 元プジョー&シトロエン・オーナーのMJ参謀長がチェックするであります!

  • これがスポーツボタンであります!

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
コラム 最新記事
プジョー 最新記事
清水草一 最新記事
清水草一&MJ参謀本部 最新記事
試乗記 最新記事
輸入車 最新記事

検索