趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

ホンダS660はとんでもない小さな高級車!~河村康彦

スターティングプライス198万円! 発売を記念して特別装備が上乗せされた限定の「コンセプトエディション」では238万円!!

そんなプライスタグが与えられたホンダS660を目にして、むしろ自分ではこう思った――そんなに安くて大丈夫なの!? と......。
そう驚くくらい、このモデルの各部の作り込みは上質だ。特にインテリアの質感など、昨今コストダウンばかりに夢中な多くのコンパクトカーを全く敵としない。

そう、すでに走り始める以前の段階で、このモデルが「とんでもない存在」であることは明らか。これは2シーターのミッドシップスポーツカーであると同時に、まさに「小さな高級車」そのものなのだ。仮に、ポルシェやフェラーリがこんなモデルを仕立てたら、そこでは平気で400万円程度の値札を提げて来ることだろう。

そんな第一印象を抱いたS660だったが、サーキットを走らせるとそうした思いはさらに後押しされた。

軽自動車メーカーに課せられた最高出力は64psという自主規制に対応すべく、アクセル全開でもスロットルは全開にならない(!)という制御が与えられていることもあって、絶対的な加速力はさほど強力とは言えない。
けれども、このボディのしっかり感、ステアリングに伝わる手応えの確かさ、安定感の高さと来たら一体何なのか! 「ビートの再来」と言った声も聞かれるS660だが、軽自動車の常識など遥かに超えたどこをとっても剛性感に溢れるこのモデルの走りの上質さに比べれば、ビートのそれなどまさにオモチャのスポーツカーレベルであったことを、今更ながらに思い知らされる。

ミッドシップモデルならではの軽快さはキープをしながら、そうしたレイアウトのウイークポイントとされる不安定挙動を拭い去った手腕も称賛に値するもの。そのハンドリング感覚は、文句ナシにゴキゲンだ!

そんなS660を個人的に選ぶのであれば、新型マツダ・ロードスターのそれと双璧なシフトフィールが味わえるMT仕様で迷いはないが、全くの同価格で設定されるCVT仕様も、単なるカタログ燃費意識でズルズル滑る感覚ばかりのそんじょそこらのCVTとは一線が画されていて悪くはない。
ちなみに、このモデルもカタログ上での燃費はCVTの方が上を行くが、これは「緩加速でも低いギヤ位置で無用に高回転まで引っ張る」と定められた、まったく時代錯誤の測定法によるもの。実燃費ではMTの方が上となる可能性は高そうだ。

一方で、軽自動車のカテゴリーには収まりつつも、もはやこのようなモデルに「小型車との間の税制面での区別を与える理由」など全く見当たらないのも事実。近い将来、現在のようなカタチでの「軽自動車」カテゴリーは撤廃されるかもしれないが、S660は例の最高出力の問題などを含め、そんなXデーがやって来た場合の発展性までを踏まえて開発されて来たに違いない。

(文・河村康彦)

●本田技研工業
http://www.honda.co.jp/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
カー・マガジン 最新記事
ホンダ 最新記事
国産車 最新記事
河村康彦 最新記事
試乗記 最新記事

検索