趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

アバルト695ビポストは最新、最強で最高に楽しい相棒!~嶋田智之

フィアット500をベースにしたアバルトが、コロッとしてるけどズバッといける、やたらと勢いのいい小さな韋駄天であることは、ちょっとしたクルマ好きなら先刻御承知だろう。

スタンダードモデルでは1100kgの車重に135ps/21.0kgm、最も高性能な「595」というモデルでは1120kgに160ps/23.5kgmという現行ラインナップの数値は、それだけを見るとそうたいしたこともないように感じるかも知れないけれど、乗ってみれば一発で解る。スタンダードモデルですら充分に速いし、どれに乗っても「こんなに痛快なスモールカーはない!」と思わされるだけのキャラクターに、とりわけスポーツモデルに目がない人だったら一発で魅了されちゃうはずだ。

しかもアバルト500シリーズが素晴らしいのは、速くて楽しいスポーツモデルでありながらちゃんと実用性を確保していて、クルマ好きがクルマに望む大抵のことを1台でこなせるところ。モデルによっては乗り心地がだいぶ固めだったりするけど、街乗りで嫌気がさすほどじゃない。ワインディングロードはもちろん、その気ならサーキットも存分に楽しめて、それでいて普段はちゃんと乗用車として使えるなかなか都合のいいクルマでもあるのだ。

が、アバルトの最新モデルとして本国で販売が開始された「695ビポスト」というモデルは、その限りではないようだ。速さと楽しさと実用性を両立したアバルトが欲しいなら、悪いことはいわない。160psの595辺りをチョイスするべきだろう。

スタンダード版のアバルト500と較べて100kg以上も軽い!

695ビポストは、「BIPOSTO」という「2座席」を意味するイタリア語が示すとおり、完全な2シーターとされている。──なぜか? 走りのため、だ。このクルマはアバルト500のレース仕様である「695アセットコルセ」を、公道を走ることが許される体裁に整え直しただけのようなもの。ジャングルジムのようなロールケージこそ持たないが、リヤシートがあるはずの場所には剛性を高めるための太いバーが居座っているし、ドアの内張はカーボン製のただの板だし、エアコンもなければオーディオだってない。おかげでスタンダード版のアバルト500と較べて100kg以上も軽い、997kgという1トン切り車重をモノにした。

性能を上げるために施された諸々は、数限りない。パワーユニットは1.4リッターの排気量のまま、レース仕様と同じ190psへとパワーアップされている。ただしストリートを走ることを考慮してか、最高出力の発生回転は1000rpmほど抑えた5500rpmとされており、また最大トルクも5kgmほど低い25.5kgm/3000rpmへとなる。多少はロードユースも意識して、ディチューンを加えたということだろう。

トランスミッションと駆動系は、ほかのアバルト500同様に5速MTと電子制御デフを組み合わせたものか、オプションのドグリング式5速MTに機械式LSDを組み合わせたもの。サスペンションはスプリング、ダンパー、ブッシュともに大幅に固められ、ブレーキも当然ながら強化されている。いうまでもなく他の部分に関しても走りを追求するために施されたスタンダード版との違いは多々あるのだけど、詳細についてチマチマと書き記さないのは、それだけで絵巻物のような強烈に長ったらしい記事になっちゃうからだ。ついでにいえば、プレクシグラスのウインドウやアルミ製エンジンフードをはじめ、走りをより先鋭化するためのオプションパーツもたくさん用意されている。つまりはそういうハードコアなクルマなのである。

まるで何かに吸い込まれるみたいな加速度的な動き

違いは、これまでにアバルト500に乗ったことのある人であれば、エンジンをかけた瞬間から判る。アクラポビッチ製のエキゾーストシステムの奏でるサウンドが、これまで聴いたどのアバルトのものよりも野太いからだ。けれど、ならば乗りづらいのかといえば、それがそうでもない。発進はアイドリングでも丁寧にクラッチをつないでやればスルスルと動きはじめるほど。低回転域からそれなりにちゃんとトルクが湧いてきて、思いのほかスムーズに加速していく。

が、それはやっぱり序章にすぎない。3000回転辺りにもなるとターボのブーストが強力に効き始めてることを嫌でも意識させられ、そこからレッドゾーンまでレブカウンターの針はまるで何かに吸い込まれるみたいな加速度的な動きを見せる。エンジンの回転も弾けるかのような勢いで、2速、3速とシフトを切り替えていくたびに、1.4リッターのクルマとは思えないくらい強烈な加速を繰り返していく。低回転域では若干ターボラグを感じることもあるが、このクルマをそんな領域で走らせたいと考えるヤツなんて端からいないだろう。当然ながら僕もレブカウンターの半分より上を多用して走ってたわけだが、その領域にもなればレスポンスも鋭いし、常に歯切れのいい雄叫びを聴かせてくれる。これはちょっとした麻薬だ。

0-100km/h加速は5.9秒。スタンダード版のアバルト500より2秒も速い計算だ。しかも速くなってるのはストレートばかりではない。コーナリングスピードも段違いに高くなってるのだ。ターンインは極めてシャープ、ロールはすることはするのだけど極めて小さく、固い脚をしかりと踏ん張らせながらスパーッと曲がっていける。コーナリング中の向きを調整したければ、ステアリングでもスロットルでもクルマの動きが意志に対して機敏に反応してくれて、コントロールしやすい。基本的にはステアリングを操作してフロントタイヤが反応しはじめたらリヤタイヤも反応しはじめるようなフィールはスタンダード版アバルト500から継承してるといえるが、ただしパワーが大きいためにコーナーの出口で強めのトルクステアに見舞われやすいところは大きな違い。この辺り、ウデが試されるところではあるけれど、全てがピタリと決まったときのビポストは、コーナーへの侵入も旋回速度も立ち上がりも、全てにわたってスタンダード版の比ではないほど速いし楽しい。それはこれまでの最強モデルだった695トリブートフェラーリをも、軽々と上回る。

今回このクルマを走らせたのは、イタリアはバロッコにあるフィアット・グループのテストコースで、路面のコンディションも基本的には良好だからあまり気にならなかったが、けれどビポストの脚の固さは相当なものだと思う。深いな感じこそなかったが、わざとゼブラゾーンにタイヤを引っかけてのコーナリングを試みたときなど、跳ねるかと思うくらいの反力が来た。これをストリートで走らせるとなると快適だとはとてもいえないだろうけど、まぁ、こういうクルマを選ぶ人達は、それすらも喜びのうちと思えることだろう。とにもかくにも、アバルトの最新にして最強となる695ビポストが、こうした走らせ方をする以上は最高に楽しい相棒になってくれることは間違いない。

アバルト695ビポストは、どうやら今年中には日本にも上陸を果たすことになりそうだ。価格に関しては今の段階では何ともいえないが、現状のラインナップと較べればかなり高価になることが予想される。けれど、レーシングカーを買うよりは遙かに安価だし、だいぶ近いフィーリングや速さが味わえるというのに、トラックに載せずにサーキットまで移動して、楽しんで帰ってこられるわけだ。そういう意味では、だいぶリーズナブルといえるかも知れない。

(文・嶋田智之)

●アバルト|日本
http://www.abarth.jp/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
アバルト 最新記事
カー・マガジン 最新記事
試乗記 最新記事
輸入車 最新記事

検索