趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

太田校長のドライビングスクールレポート

Tetsuya OTAスポーツドライビングスクール事務局は、6月28日、袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて、「Tetsuya OTA出光ENJOY&SAFETY DRIVING LESSON with Volkswagen」を開催した。

このスクールは、「正しい運転を、楽しく学ぶ」をテーマとし、「injured ZERO」という標語を掲げ、「当スクールに参加する受講生・関係者について一般道における死亡・負傷事故をゼロとすることを目標とする」とし、一般ドライバーへの安全運転の啓発を目的として定期的に開催されている。今回は参加者やその家族含め約90名が集まった。

今回のスクールは、フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンの協力により、ゴルフシリーズのフラッグシップモデル「ゴルフR」、日本限定100台生産の「ザ・ビートルレーサー」や「ゴルフ・ヴァリアント」が教習車として用意され、サーキットタクシーや体験試乗会などのプログラムを通して、参加者はフォルクスワーゲン車の魅力を味わった。

クラスは初心者向けの「エンジョイ・ドライビングレッスン」と初級~中級者向けの「セィフティ・ドライビングレッスン」、フリー走行に加え、タイムアタック大会「スパタイGP」に参加できる「スポーツ走行会」の3クラスが設置された。

午前中は、太田哲也校長、ラリードライバーの三好秀昌講師、自動車ジャーナリストの斉藤慎輔講師による座学が行なわれ、基本的なクルマの動作や速く走る秘訣など、各講師ならではの、走る為のポイントが紹介された。ランチタイムにはトークショーが行なわれ、各講師に加え、ゲストとして「サーキットの狼」の著者、池沢早人師(さとし)氏も登場した。昨年、フォルクスワーゲンが輸入車で初めて日本カーオブザイヤーを受賞した理由や秘話なども話題に上げられた。

午後からは、サーキットでの走行を行ない、その合間には、講師運転のゴルフR、ザ・ビートルレーサーの助手席に乗ることができる「サーキットタクシー」、参加者の同伴者・家族向けに、スタッフがドライブするシャラン、トゥーランに乗りサーキットを体験走行できる「サーキットサファリ」が行なわれ、家族もサーキット体験を楽しんだ。

走行の最後には、タイムアタック大会「スパタイGP」が行なわれ、時折雨が降る難しいコンディションの中、参加者同士が凌ぎを削るタイムバトルが行なわれた。

スクールの最後には修了式が行なわれ、スパタイGP表彰式では、ST2000、ST3000、ST5000クラスに加え、フォルクスワーゲン賞、スバル賞、アルファ・フィアット・アバルト賞が設けられ、豪華景品が授与された。また、排気量別クラスの年間チャンピオンには、ブリヂストンよりPOTENZA RE-11Aが贈呈される。

スクールの主旨である「安全」と「マナー」を今回も全員が守り、クラッシュや怪我もなく、安全運転とドライビング技術について身をもって学ぶことができ、充実した一日となったようだ。

次回以降は、8月31日と9月23日に、袖ヶ浦フォレスト・レースウェイにて開催される。

(文・大西紀江)

●Tetsuya OTAスポーツドライビングスクール事務局
http://sportsdriving.jp/

  • 恒例の集合写真。

  • 5月26日に亡くなられた山路慎一選手について話す太田校長。

  • ランチタイムに池沢早人師氏を交えてトークショーが行なわれた。

  • 大会を一緒に盛り上げる出光興産より、出光オイル賞としてZEPROが贈られた。

  • フォルクスワーゲン車による体験試乗会。

  • 講師運転によるゴルフRとビートルレーサーの助手席を体感できるサーキットタクシー。

  • 2014年スパタイGPは、シリーズチャンピオンにPOTENZA RE-11Aが贈呈される。

  • スパタイGPでは、排気量別クラスに加え、フォルクスワーゲン賞、スバル賞、アルファ・フィアット賞が設けられた。

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
イベント 最新記事
ニュース・イベント 最新記事

検索