趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

【上海15】ラニア、ムラーノハイブリッドを投入

日産自動車(以下、日産)は、開催中の上海モーターショーにおいて「Lannia(ラニア)」と「ムラーノ ハイブリッド」の新型2車種を世界初公開した。また、NISMOブランドから「GT-R NISMO」「370Z NISMO」の2車種も中国で初披露した。

日産が、セダン市場での長年の積み上げによって得た成功のもとに開発された「ラニア」は、中国の若者世代が求める斬新で際立ったパーソナリティを表現したモデル。特に20代から30代のエネルギーに溢れ、流行を創りだす中国の若者に向けてデザイン・開発された。

同車は、2013年に発表した「Friend-ME(フレンド・ミー)コンセプト」や、2014年発表の「ラニアコンセプト」から進化させ、北京におけるデザインセンターである「日産デザインチャイナ」の若手中国人デザイナーが中心となってデザイン開発を行った。

力強いボディには、Vモーショングリルや、キックアップされたCピラー、フローティングルーフ、ブーメラン型ランプなど、日産デザインの特徴が採用された。

また、洗練されたシンプルで軽快なダッシュボードは、運転の快適性などドライバーを主役に据えたつくりを重視。友人とのコミュニケーションも常にITを活用する世代に訴求するため、'コネクティビティ'(接続性)にも重点が置かれている。

一方、日産フラッグシップSUVである「ムラーノハイブリッド」の投入は、中国における持続可能なモビリティの選択肢を増やし、同国における日産のSUVラインアップを拡充するという日産の前向きな取り組みを鮮明にしたもの。

「ムラーノ」は、エネルギーあふれるスタイリングと大胆でエキサイティングな外観デザインに加え、高級感ある、刺激的で広々としたインテリアが中国でも好評。今回発表された「ムラーノハイブリッド」はハイブリッドシステムを搭載することで、V6-3.5リッターエンジンと同等の力強い走行性能と、2.0リッターエンジン並みの燃費を実現している。

日産のカルロス・ゴーン社長兼CEOは、「これらの新モデルは、中国市場における日産のプレゼンス向上と、同市場での目標の両面において、ワクワクするような新たな局面を迎えたことを意味します。中国における当社の成長戦略は、現地リソースを活用した開発・生産を推進し続けるという当社のコミットメントを反映したものです。そして、当社はより高効率で持続可能な交通社会の実現を推進する中国の取り組みに、引き続き貢献していきます。新型『ラニア』と『ムラーノ ハイブリッド』は、当社の中国事業の成功に寄与するでしょう」と、述べた。

(文・牧野森太郎)

●日産自動車
http://www.nissan.co.jp/

  • 中国の20〜30代の若者にターゲットを絞ったラニア。

  • コネクティビリティを重視したコクピット空間。

  • 日産らしいデザインを盛り込んだエクステリア。

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
イベント 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
国産車 最新記事
新車 最新記事
日産 最新記事

検索