趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

ピレリが2015中国グランプリ決勝をレポート

ピレリは、4月12日に上海で行なわれた中国グランプリの決勝について報告した。

ポールポジションからスタートしたメルセデスのハミルトンが、上海で今シーズン2勝目を挙げ、中国グランプリ最多優勝(4勝)ドライバーの座を確固たるものにした。

上位4名が、スタートからの2スティントをソフトタイ ヤで、最終スティントをミディアムタイヤで走行する2ストップ戦略を採った。ハミルトンは、第2スティント中 にソフトタイヤでファステストラップを記録した。

5位以下では、ソフト-ミディアム-ミディアムの2ストップ戦略を始め、フォース・インディアのセルジオ・ペレスによる3ストップ戦略や、マクラーレンのフェルナンド・アロンソおよびマノーの両ドライバーによるソフト-ミディアム-ソフトと繋ぐ2ストップ戦略が見られた。

同社の予測通り、2ストッパーが主流のレースとなった。同社の最速2ストップ戦略は、ソフトタートでスタート、12 周でソフトへ、27周でミディアムへ交換するというもの。ハミルトンは、同社の予測よりも長いスティントを走行し、14周目と33周目にピットストップを行なった。

グランプリのハイライトは、メルセデスとフェラーリとの間で繰り広げられた緊迫した戦略のバトル。メルセデスはミディアムタイヤを最大限に活用し、フェラーリはソフトタイヤによる素晴らしいスティントを見せ、メルセ デスにプレッシャーを与えた。

レースの進行とともに路面温度が次第に低下したことにより、戦略とタイヤ動作の見極めが困難になった。 残り3周を切ったところでセーフティーカーが導入され、そのままフィニッシュを迎えた。ドライバーたちは、ラストスパート用にタイヤのライフを残していたが、プッシュする機会を失ったままチェッカーフラッグを受けることとなった。

この後、今シーズン初の2週連続開催のため、F1はバーレーンへ向かった。バーレーンでもP Zeroホワイト・ミディアムとP Zeroイエロー・ソフトタイヤが選択されている。

ピレリ・モータースポーツ・ダイレクターのポール・ヘンベリー氏は、「グランプリの進行につれて低下する路面温度によって、レース戦略の予測が難しくなりました。このため、上位勢は同様の戦略を採り、'アンダーカット'によって順位を上げようと試みました。タイヤは、我々が期待した通り、あるいはそれ以上の性能を発揮してくれました」 とコメントした。

(文・大西紀江)


●ピレリ|日本
http://www.pirelli.co.jp

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
アフターパーツ 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
ピレリ 最新記事
モータースポーツ 最新記事

検索