趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

フォルクスワーゲン、WRCでランキング首位堅持

フォルクスワーゲンは、ラリー競技の最高峰「FIA 世界ラリー選手権(通称:WRC)」の2015年シーズン第4戦「ラリー・アルゼンチン」に、市販車をベースとした3台の「ポロR WRC」で参戦し、フランス人のセバスチャン・オジェ選手が17位で完走を果たした。

4月23~26日にかけて開催された「ラリー・アルゼンチン」は、アルゼンチン中部のカルロス・パスを拠点とするグラベル(未舗装路)ラリー。競技区間(スペシャルステージ、通称:SS)は12、SS 距離315.96km、総走行距離1735.56kmで行なわれた。

「ラリー・アルゼンチンは」今回で開催35回目を迎え、歴史ある有名SSのエル・コンドルや50kmを超える長距離SSなど、記念大会にふさわしいルートが設定された。

23日の夜、ラリーはサービスパークから約250km離れたメルロという街の市街地SSからスタート。フォルクスワーゲン・チームは、オジェ選手が首位を奪い、2番手にライバルと同タイムでアンドレアス・ミケルセン選手、4 番手にヤリ‐マティ・ラトバラ選手という順調なスタートを切った。

ところが24 日のSS2、51.99kmの長距離ステージでオジェ選手がトラブルによりリタイア、午後にはミケルセン選手もトラブルでリタイアを余儀なくされてしまった。彼らのポロR WRC はサービスパークに戻され、熟練メカニックたちによる懸命の修復作業によって、完璧に修復。オジェ選手とミケルセン選手は翌日の再出走を果たした。

ひとり上位陣にとどまったラトバラ選手は25日の競技を終えるまで総合3番手を走行、上位を懸命に追ったものの、最終日の26日にトラブルでリタイアを喫してしまった。再出走を果たしていたミケルセン選手も最終SSでクラッシュし、リタイアに。最終日にふたりのドライバーが戦線離脱するなか、オジェ選手は17位で完走を果たした。また、オジェ選手はボーナスポイントが設定された「パワーステージ」では堂々のトップタイムを獲得し、貴重な3ポイントを加算した。

上位の結果を残すことは叶わなかったフォルクスワーゲン・チームだが、全12SS(うちSS9はキャンセル)のうち、半分以上となる7SSでトップタイムを記録するなど、随所で速さをみせた。また、マニュファクチャラーズ選手権、ドライバーズ選手権ランキングともに首位を堅持している。

次戦は5月21~24日の第5戦「ラリー・ポルトガル」となる。

(文・大西紀江)

●フォルクスワーゲン|日本
http://www.volkswagen.co.jp/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
ニュース・イベント 最新記事
フォルクスワーゲン 最新記事
モータースポーツ 最新記事
輸入車 最新記事

検索