趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

【スーパーGT第5戦】PETRONAS TOM'S RC Fが波乱の鈴鹿1000km制す!

8月30日、鈴鹿サーキットでスーパーGT第5戦「44th International Suzuka1000km」、通称「鈴鹿1000km」の決勝が行なわれ、ゼッケン36「PETRONAS TOM'S RC F」(伊藤大輔/ジェームス・ロシター)が、雨模様の天候と2度もセーフティカーの入る難しいレース展開を上手く戦い、昨年に続き鈴鹿1000kmを制した。

雨のスタート、ゼッケン64「Epson NSX CONCEPT-GT」とゼッケン15「ドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GT」のホンダ勢が序盤戦をリード。そこにゼッケン1「MOTUL AUTECH GT-R」、ゼッケン38「ZENT CERUMO RC F」、ゼッケン100「RAYBRIG NSX CONCEPT-GT」が加わりレース前半を盛り上げる。

しかし、全車2回目のピットインを終える頃トップに立った「PETRONAS TOM'S RC F」がレースの支配を開始。「ドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GT」は2度目のセーフティカーのあと痛恨のペナルティ、ゼッケン12「カルソニック IMPUL GT-R」と「ZENT CERUMO RC F」にトップ争いを譲ってしまう。

結局、「PETRONAS TOM'S RC F」が2位の「ZENT CERUMO RC F」に1分以上の大差をつけて163周でチェッカー、今季初優勝! 3位に入った「カルソニック IMPUL GT-R」がランキングトップを守った。

GT300は、ゼッケン10「GAINER TANAX GT-R」がゼッケン7「Studie BMW Z4」との好バトルに決着をつけ、今季2勝目をマークした。

(文&写真・須川敬太郎)

●SUPER GT|公式サイト
http://supergt.net/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
ニュース・イベント 最新記事
モータースポーツ 最新記事

検索