趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

フィアット・パンダの4駆モデルを限定販売

フィアット・クライスラー・ジャパンは、「フィアット・パンダ(FIAT Panda)」の4輪駆動モデルである「フィアット・パンダ・フォー・バイ・フォー(FIAT Panda 4×4)」を、10月4日より販売開始する。

パンダ4×4は、初代、2代目のフィアット・パンダで人気を博した4輪駆動モデルを、3代目となる現行のパンダとして初めて国内に導入したモデル。現在国内で展開されている外国メーカーの4輪駆動車として、最も安価な設定となっている。なお、このモデルに次ぐ廉価モデルは「ジープ・コンパス・リミテッド」だ。

また、フィアット・ブランドの車両として初めて、衝突被害軽減ブレーキ「シティブレーキコントロール」を搭載したことで安全性が向上。オンロードではコンパクトカーならではの機動性でスムーズな走りを実現し、オフロードでは、たとえ悪路でスリップしてもタイヤの空転を抑制し安定した走行を確保するなど4輪駆動が本領を発揮する。電子式ディファレンシャルロック(ELD)が装備されたことによって、ELD をオンにすることにより4輪がロックされ、悪路走破性が更に向上したことも特徴だ。

高水準な環境性能、特に燃料消費率が好評を博しているフィアットの2 気筒エンジン「ツインエア(TwinAir)」に6 速マニュアルトランスミッションを採用しており、街でも山道でも様々なシーンにおいて、意のままに操るドライビングでクルマとの一体感を楽しめるモデルとなっている。

なお、衝突被害軽減ブレーキ「シティブレーキコントロール」は、30km/h未満での走行中に、レーザーセンサーが前走車を探知し追突する可能性があると判断した場合に、自動でブレーキを作動させるシステムであり、追突時の衝突被害を軽減する、フィアット車両として初の搭載となる。

スタンダードモデルの「パンダ・イージー」と比較して65mm高く視野が広がる全高、パンダ4×4専用のアロイホイール、専用フロント/リヤバンパーのアンダーガードを設定。さらにボディカラーに設定した専用の「タスカングリーン」、「アイスホワイト」および「イタリアンレッド」により、エクステリア全体がドライバーの冒険心を駆り立てるものとなっている。

フィアット・パンダ4×4はタスカングリーン160台、アイスホワイト120台、イタリアンレッド60台の、計340台限定で、価格は251万6400円だ。

(文・大西紀江)

●フィアット|日本
http://www.fiat-auto.co.jp/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
カー・マガジン 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
フィアット 最新記事
新車 最新記事
輸入車 最新記事

検索