趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

4Cのエンジンを搭載したジュリエッタが登場!

FCA ジャパンは、同社の「Alfa Romeo(アルファロメオ)」ブランドが展開する「Giulietta(ジュリエッタ)」のラインアップに、新型「Quadrifoglio Verde」(クアドリフォリオ・ヴェルデ、以下「QV」)を追加すると発表した。50台限定のローンチエディションとともに、1月17日より販売開始する。

新型QVの最大の特徴は、アルミ製のシリンダーブロックを採用したことで22kgの軽量化と最高出力240ps を実現した「Alfa Romeo 4C(アルファロメオ・フォーシー)」同様の新型240ps 1750 直噴ターボエンジンを搭載している点。また、ジュリエッタQVとして初めて「Alfa TCT」トランスミッションを搭載したことで、オートマチック操作が可能になりより多くが乗ることができるモデルとなった。

さらに、サウンドジェネレーターを搭載し、よりスポーティなエンジンサウンドを演出。画面表示アラーム式のフロント&リヤパーキングセンサーを、アルファロメオ車両として初めて搭載している。足元には、専用の5リングデザイン18インチアロイホイールを標準設定している。

なお今回、全世界で限定500台販売される限定仕様の「ローンチエディション」を、国
内に50台導入。専用ボディカラーのマットマグネシウムグレーを設定(ジュリエッタ初の艶消し色)し、ダークグレー仕上げの専用18インチアロイホイールを設定。ドアミラーとリヤルーフスポイラーにカーボン部品を採用。エアロパッケージ(フロント/リヤスポイラー、サイドスカート)を標準搭載し、シリアルナンバープレートを装備している。

価格は、Giulietta Quadrifoglio Verdeが416万8800円、Giulietta Quadrifoglio Verde Launch Editionが459万円だ。

なお、2015年1月1日、2012年7月以降用いてきた通称「フィアット・クライスラー・ジャパン」は、「FCAジャパン」に変更された。FCAの「F」は正方形を基に具体性と堅実さ、「C」は円を基に車輪とその動作および調和の象徴、「A」は三角形を基にエネルギーと絶え間ない進化を表す。「FCAジャパン」は、従来どおり、3つの販売チャネル「フィアット/アルファロメオ」、「アバルト」および「クライスラー/ジープ」をとおして、「アルファロメオ」、「クライスラー」、「フィアット」、「ジープ」、「アバルト」の5 ブランドを国内で提供していく。

(文・大西紀江)

●アルファロメオ|日本
http://www.alfaromeo-jp.com/jp/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
アルファロメオ 最新記事
ニュース 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
新車 最新記事
輸入車 最新記事

検索