趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

「メルセデス・マイバッハ」の第1弾、Sクラスを発表!

メルセデス・ベンツ日本は、メルセデス・ベンツの新しいブランド「メルセデス・マイバッハ」を導入し、その第1弾として「メルセデス・マイバッハ S クラス」を発表し、受付を開始した。

1920年代から美しいスタイルと贅を尽くした高級感で人々を魅了した伝説の名車「マイバッハ」。それが、メルセデス・ベンツブランドの傘下で、「究極のエクスクルーシブ性」を追求する威厳と風格を備えたブランドとしてまったく新しく生まれ変わったのが、「メルセデス・マイバッハ」だ。メルセデス・ベンツによる最新鋭のテクノロジーを備え、きわめてゆったりとした室内空間にプレステージ感あふれるデザインとクラフトマンシップにより仕上げられた高級素材を随所に採用した、新しい高級車の形だ。

「メルセデス・マイバッハ Sクラス」のエクステリアは、メルセデス・ベンツのフラッグシップ「Sクラス」の威厳あるフロントマスクやクーペを思わせる流麗なフォルムはそのままに、「Sクラス」のロングモデルよりさらに20cm長いホイールベースとサイドのラインがパワーとダイナミズムを強調している。リヤのドア幅が66mm狭められ、Cピラーに三角窓が移設された結果、ドア開口部より後方にリヤシートが位置して、外からの視線を遮りながら心地よい居住性を確保している。Cピラーには、丸みのある三角形の中に2つのMをあしらった「Maybach Manufaktur」(マイバッハ・マヌファクトゥーア)のエンブレムが装着されている。また、足元には専用の20インチ鍛造アルミホイールが重厚感のある輝きを放っている。

インテリアは、最高の素材を最上のクラフトマンシップで仕上げたウッドトリムが、美しいカーブを描きながらリヤシートを取り囲んでいる。センターコンソールのウッドトリムには「MAYBACH」のレタリングを、フロントセンターアームレストとリヤアームレストには「Maybach Manufaktur」(マイバッハ・マヌファクトゥーア)のエンブレムが飾られている。

「メルセデス・マイバッハ Sクラス」は、「五感で感じる極上の快適性」と「未来へつながる知能」を備えたショーファーカーだ。

メルセデス・マイバッハ Sクラスのラインアップは、最大出力530ps、最大トルク830Nmを発生する6.0リッターV型12気筒ツインターボエンジンに7速オートマチックトランスミッション「7G-TRONIC」を組み合わせた「メルセデス・マイバッハS600」と、最大出力455ps、最大トルク700Nmを発生する4.7リッターV型8気筒ツインターボBlueDIRECTエンジンに、乗員にはほとんど感じられないほどスムーズなギアシフトと優れたエネルギー効率と快適な走りを実現した9速オートマチックトランスミッション「9G-TRONIC」を組み合わせた「メルセデス・マイバッハ S 550」を設定した。

価格は、メルセデス・マイバッハS550が2200万円、メルセデス・マイバッハS600が2600万円だ。

(文・大西紀江)

●メルセデス・ベンツ|日本
http://www.mercedes-benz.co.jp/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
ニュース 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
メルセデス・ベンツ 最新記事
新車 最新記事
輸入車 最新記事

検索