趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

【ジュネーブ15】マクラーレン、675LTの詳細公開

マクラーレン・オートモーティブは、「McLaren 675LT」の世界初公開に先立ち、パフォーマンス・データを発表した。

ジュネーブ・ショーで世界デビューを果たす675LTは、パフォーマンスと軽量化、そしてドライバーとの究極的な次元の一体感を明確な開発目標としたモデル。これらの目標に応える鍵となるものがマクラーレンの「ロングテール」だった。クーペ・モデルのみが販売される675LTは、マクラーレン・スーパーシリーズのうち最もサーキット志向の高いモデルで、オンロード走行のための法的基準も満たしながら、パワー・ウェイト・レシオではライバル達の追随を許していない。

0-100km/h まで、わずか2.9秒で到達するスプリント能力は、トラクションを最適に制御する優秀なドライブトレインによるもの。アクセラレーション性能についても妥協はしておらず0-200km/hまでの加速は8秒の壁を破る7.9秒で到達。最高速度も330km/hを記録する。

カーボン・ファイバー製エクステンデッド・フロント・スプリッターから、エクステンデッド・サイド・ドアブレードと新たに追加された冷却用エアインテーク、そして2本の円形状のチタン製エグゾースト・パイプに至る、アグレッシブなスタイリングは走りを想起させる。

そのスタイリングは、マクラーレン・スーパーシリーズのなかで、もっともパワフルかつ軽量なモデルである675LTが発揮できるパフォーマンスのヒントとなっている。675LTに装着されているアクティブ「ロングテール」エアブレーキは、650Sより50%拡大されているが、カーボン・ファイバー構造の採用によって重量は軽減されている。こうした改良の積み重ねの結果、乾燥重量はわずか1230kgに収まっている。

3.8リッターV8ツインターボ・エンジンは、50%以上のパーツを変更することで、パワーとトルク、そしてドライバビリティを向上。今回のアップグレードでは、さらに効率化された新型ターボを採用したほか、シリンダー・ヘッドとエキゾースト・マニホールドの設計に対する細かな見直しや、新型カムシャフト、軽量コネクティング・ロッドの採用、フューエル・ポンプと燃料供給システムの高速化などの改良を行なっている。

このような大がかりな改良を行なったため、このエンジンにはM838TLという専用のコードが与えられた。軽量かつ、低イナーシャ・パワーの特徴をもつパワーユニットの最高出力は、「675LT」の名が示すとおり675ps、パワー・ウェイト・レシオも549PS/tという驚異的な数値を達成している。

サーキットにフォーカスしながらも、オンロード走行での法的基準を満たすため、並行して生産が継続されるマクラーレン・スーパーシリーズの650S Coupe/Spiderと比較し、全体の1/3のパーツを変更している。

(文・大西紀江)

●マクラーレン・オートモーティブ
http://www.mclarenautomotive.com/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
イベント 最新記事
ジュネーブ・ショー2015 最新記事
ニュース 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
マクラーレン 最新記事
新車 最新記事
輸入車 最新記事

検索