趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

007にジャガー&ランドローバーのスペシャルモデルが登場

ジャガー・ランドローバーは、ジェームズ・ボンド・シリーズ「007」の24作目となる「スペクター(原題:SPECTRE)」(製作:アルバート・R・ブロッコリのイオン・プロダクション、メトロ・ゴールドウィン・メイヤー・スタジオ、配給:ソニー・ピクチャーズ・エンタテインメント)に、ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズ部門が開発を担当する「ジャガーC-X75」、「レンジローバー・スポーツSVR」、「ディフェンダー・ビッグフット」が登場することを発表した。

「スペクター(原題:SPECTRE)」は、過去に自分が関わった暗号メッセージを受け取ったジェームズ・ボンドが、悪の組織を暴く任務に就くというもの。「M」が秘密情報機関を存続させるため政治の世界で戦う一方、ボンドは偽りを次々に見破り、犯罪組織スペクターに隠された恐ろしい真実を暴いていく。監督サム・メンデス、脚本ジョン・ローガンおよびニール・パーヴィスとロバート・ウェイド、製作マイケル・G・ウィルソンとバーバラ・ブロッコリ。

「C-X75」は、主人公のジェームズ・ボンドがハンドルを握る「アストンマーティンDB10」と、ローマの街を舞台に迫力のあるカーチェイスを繰り広げる。なお、「C-X75」は、英国オックスフォードシャー州にあるウィリアムズ・アドバンスド・エンジニアリングと共同で開発・生産したモデルだ。

ランドローバー史上最速かつ最もパワフルな「レンジローバー・スポーツSVR」と、極めて高い能力を誇る「ディフェンダー・ビッグフット」が登場するシーンは、既にオーストリアでの撮影を終えている。なお、両モデルも大幅な改造を施しているが、「ディフェンダー・ビッグフット」には、スペシャル・オペレーションズ部門により、過酷な地形を走破できるよう37インチもの巨大なオフロード・タイヤのほか、特別なサスペンションや、ボディ保護を強化するための装備を採用している。

ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズ部門マネ-ジング・ディレクターのジョン・エドワーズ氏は、「ジャガー・ランドローバーにとって、『007』シリーズとのパートナーシップはエキサイティングなものであり、スペシャル・オペレーションズ部門の優れた能力を披露する機会といえます」と述べた。

ジャガー・ランドローバーのスペシャル・オペレーションズ部門は、特別仕様車、オーダーメードモデルの受託、ヘリテージ製品、ブランドグッズ製造を担当している。なお、スペシャル・オペレーション部門傘下のスペシャル・ビークル・オペレーションズにて、ジャガーとランドローバー両ブランドの、ハイパフォーマンス・モデルをはじめ、カスタマイズ仕様車、数量限定の高級特別限定モデルの開発を担当している。

ジャガー・ランドローバーは、「007」シリーズに連続して車両を提供しており、直近では、2012年に公開された「スカイフォール(原題:SKYFALL)」のオープニングシーンで、フィールド・エージェントのイヴ・マネーペニーがドライブした「ディフェンダー110ダブルキャブ・ピックアップ」を提供している。

(文・大西紀江)

●ジャガー|日本
http://www.jaguar.com/jp

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
ジャガー 最新記事
ニュース 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
ランドローバー 最新記事
輸入車 最新記事

検索