趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

俳優イドリス・エルバが、ジャガーXEをドライブ

ジャガー・ランドローバーは、数多くの映画やTV番組に出演し、2013年には映画「マンデラ・自由への長い道(Mandela: Long Walk to Freedom)」にて主役のネルソン・マンデラ役を演じたことでも有名な、俳優イドリス・エルバ氏が、最高出力163psを発生する2.0リッター直列4気筒ディーゼル・エンジンを搭載した新型スポーツ・サルーン・モデル「XE」に乗り、ロンドンからベルリンまで自ら運転して旅する様子を収録したショート・ドキュメンタリー・フィルムを公開した。

このショート・ドキュメンタリー・フィルムは、イドリスが俳優としてのキャリアをスタートさせたナショナル・ユース・ミュージック・シアター(NYMT)で、若手俳優志望者のオーディションを行なう様子から始まる。

旅の途中で、ベルギーにあるF1世界選手権の舞台にもなるスパ・フランコルシャン・サーキットを訪れ、伝説的なF1ドライバー、マーティン・ブランドル氏とともに、最高出力340psを発生する3.0リッター ガソリン・エンジンを搭載した「XES」に乗り、ダイナミックな高速走行を体験した。

そして、ベルリンのウムシュパンヴェルク(Umspannwerk)で行われた発売記念パーティーにイドリス自身が「XE」を操縦して登場するシーンも収録されている。200名のVIPゲストを前に、見事なドライビング・テクニックを披露した後、この日のために用意したセットリストを流し、DJとしてパーティーを盛り上げた。

この750マイル(1200km)におよぶ旅では、既に高い評価を得ている「XE」のテクノロジーと経済性が限界まで試された。冬の厳しい運転条件に加え、クルマはウィンター・タイヤを装着していたにもかかわらず、燃費65mpgという傑出した数値を記録してゴールしている。

「XE」との旅について、イドリス・エルバ氏は、「極めて厳しい天候の時もありましたが、『XE』を運転できたことは、私にとって素晴らしい経験となりました。なかでも、スパ・フランコルシャン・サーキットで、F1界のレジェンド、マーティン・ブランドルと、アクセル全開でドライブしたことはとても印象的です。そして、『XE』はまさに人々を振り向かせる車でした。私はベルリンまでずっと限界に近い走りをしていましたが、何よりも驚いたことは平均65mpgという燃費の良さです。
私は車載テクノロジーやガジェットといった類が大好きなのですが、その点においても『XE』は機能が豊富でした。運転している時に、DJをする際のセットリスト(選曲)を考えたほどです。私はジャガーの長年のファンであり、モータースポーツにおけるジャガーの目覚しいヘリテージに対してリスペクトしています。私は自分のしていることを極めたり、自分の専門外でも新たな分野に挑戦することが好きということもあり、今回の『XE』をドライブしフィルム制作をするプロジェクトに大変魅力を感じました」とコメントした。

ジャガー・ランドローバーの広報部門グローバル・ディレクター、フィオナ・パージェター氏は、「イドリスのような車好きな方に、『XE』の運転を通じて、優れた燃費を証明してもらい、ロングドライブで車載テクノロジーを体験していただく最初のひとりになってほしいと思っていました。今回の旅で、イドリスは、ウィンター・タイヤ装着車で、様々な路面とヨーロッパの冬の極めて厳しい気象条件に立ち向かわなければなりませんでしたが、『XE』が世界に誇れる結果を出せる、まさにワールドクラスのクラスであることを示してくれました」と話した。

「XE」は、4気筒または6気筒のガソリン・エンジンまたはディーゼル・エンジンを搭載し、CO2排出量99g/km、最高速度250km/hという数値が示す通り、パフォーマンス、洗練性、効率性をバランスよく兼ね備えたジャガーの最新モデル。また、スマートフォンのアプリをはじめ、Wi-Fi接続、世界有数のオーディオ・メーカーMeridian社製プレミアム・オーディオ・システムなど、乗員が常に情報やエンターテインメントにアクセスできる技術を搭載し、ドライブをよりいっそう楽しいものにする。

(文・大西紀江)

●ジャガー|日本
http://www.jaguar.com/jp/ja/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
ジャガー 最新記事
ニュース 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
輸入車 最新記事

検索