趣味の総合出版社、ネコ・パブリッシングが運営する、新着ニュース、最新モデル試乗記、人気ブログからガレージまで、自動車趣味を楽しむ人へ向けた総合ニュースサイト!

ホビダス総合トップへ

VW、豊橋ハーフマラソンに特別協賛

フォルクスワーゲン・グループ・ジャパンは、3月29日に愛知県豊橋市で開催される「第6 回穂の国・豊橋ハーフマラソン」に特別協賛した。

今年で6回目となる「穂の国・豊橋ハーフマラソン」は、豊橋市主催によるハーフマラソン大会。豊橋公園を発着点とし、日本では少なくなった路面電車と並走できる区間や、桜並木の下を走る区間などがあるコース設定が魅力のひとつだ。昨年は雨天にも関わらず約3000 人のランナーが参加。さらに、市民ボランティアや地元企業が積極的な支援を行なうなど、地元に根差したアットホームな雰囲気がランナーにも人気の高い大会となっている。本年は大会史上最多となる4721人のエントリーがあった。

同社は、1992年から豊橋市に本社機能を構えるとともに、本社内には国内のインポーターとしては最大級の車両輸入施設 「豊橋インポートセンター」を有しており、豊橋市の企業市民の一員としてさまざまな企業活動を行なってきた。このような背景もあり、同社では、日ごろから支援している豊橋市民への感謝の気持ちを込めて、初回から6年連続して「穂の国・豊橋ハーフマラソン」の特別協賛を実施している。

当日の大会では、昨年同様、フォルクスワーゲン・ブランドのアイコンモデルである「ザ・ビートル」と「ザ・ ビートル・カブリオレ」を先導車として提供。「日本で唯一、全ての先導車が『ザ・ビートル』というマラソン大会」にすることで、同社が本拠とする地元豊橋ならではの演出を図った。さらにマラソン大会の発着地点となる豊橋公園内の特設会場には、今年の2月にデザインと機能を一新したプレミアムSUVの「トゥアレグ」を展示して、イベントにさらなる華を添えた。

●第6回穂の国・豊橋ハーフマラソン
開催日時:3月29日
開会セレモニー:9時40分、競技スタート:10時00分
サポート車両:「ザ・ビートル・カブリオレ」、「ザ・ビートル」など計4台

(文・大西紀江)

●フォルクスワーゲン|日本
http://www.volkswagen.co.jp/

自動車&ガレージグッズ趣味人が選びたいカー用品が満載!
ニュース 最新記事
ニュース・イベント 最新記事
フォルクスワーゲン 最新記事
輸入車 最新記事

検索